PDFファイルの資料をご覧になるには,Adobe社のAcrobat Readerが必要となります。お手持ちでない方は,Adobe社ホームページよりダウンロードしてください
 
   
 
教育カウンセラー養成テキスト学習塾のご案内
 
 
  教育カウンセラー養成テキスト学習塾申込書
 
   教育カウンセラー養成テキスト学習塾とは・・・
     
 
● 目的
  NPO日本教育カウンセラー協会は,協会カウンセラーのカリキュラム(教育領域と内容)を策定しました。その学習内容を具体化して教育カウンセラー標準テキスト初級編,中級編,上級編として公刊しました。教育カウンセラーを目指す人が,個人で学習すると同時に,この道の先達から自分の理解を評価してもらったり,アドバイスを受けることは,自己の知識を深めたり,経験を広げるために有効です。

 このため当協会は,熱心な上級教育カウンセラー(アドバイザーと言います)の協力を得て,通信による養成塾を開催し,教育カウンセラーを養成することにしました。

※特に,カウンセリング,心理学,教育学等を専攻しなかった方は,この機会に,初級テキストからじっくり学習することをお薦めします。
● 学習塾のコース
学習塾には初級・中級・上級毎にAコースとBコースがあります。
 
*Aコース(フル・コース)は初級・中級・上級毎にテキストの全章を学習します。  
*Bコース(選択コース)は各級のテキストの中から,8科目を自分で選択して学習します。
なお,4分野の中から,1科目は必ず選択してください。標準テキスト目次を参照。
● 学習者のメリット
(1)受験生に実力がつくのはもちろんですが,各級の修了者が認定申請書を提出する際,学習塾ポイントとして,Aコースは3ポイント,Bコースは2ポイントを認めます。
(2)テキストは認定試験(ペーパーテスト)の範囲をカバーしています。
(3)初級教育カウンセラー資格認定をとるには、Aコース修了者は養成講座に出席したと見なします。試験だけ受けて下さい。
Bコース修了者は、養成講座に出席して、初級認定試験を受験する必要があります。今迄に出席した人は不必要です。
※初級教育カウンセラー資格認定をとるには,この学習塾以外に,養成講座に出席して,試験を受ける必要があります。
 
●応募方法
(1)応募期日 養成塾は,申込み締切り期日を限定していません。   
学習を思いついた日が吉日です。
(2)お申し込み方法 受講を希望する人は,
  @現金書留で受講料と別紙受講申込書(※1)を同封して,協会宛にお送りください。   A受講料:Aコース  初級,中級,上級の受講料はそれぞれ37,000円です。
       Bコース  初級,中級,上級の受講料はそれぞれ20,000円です。
       *テキスト代(送料を含む)は別です。
       *受講料は返却しないことになっていますのでご了承下さい。
  B申込み受付後,アドバイザー一覧表,学習の手引き,課題集等をお送りします。
●標準テキスト注文方法
 受講希望者で,テキストを持っていない方は,受講申込書に記入の上,受講料とともに,テキスト代もご送付ください。1冊3,300円です。(送料を含む)
 
●養成塾の学習の手順と方法
(詳しくは,後からお送りする「学習の手引き」を参考にしてください)

(1)アドバイザーの決定
  @アドバイザー一覧表が送られてきますから,それを見て,その中から受講生が自分のアドバイザーを選んで,その人に申し込みます。本人の承諾を得てから本部に報告します。

(2)各章の学習法
@受講生はテキストの各章を学習し,課題集から各章の課題のレポート を作成して,アドバイザーに送付します。レポートはパソコンでも手書きでも結構です。
  ・期限は自由です。
  ・ゆっくりと確実に歩きましょう。ただし、学習在籍期間があります。
  ・学習の初期には,レポートを書くことに大きな抵抗を感じますが,終わる頃に実力がついたことを実感するでしょう。

A送付方法は,
1)郵送
2)FAX
3)Email等

いずれにするかはアドバイザーと相談して決めてください。
原則として,レポートを送る費用は受講生が負担し,添削・評価を送付する費用はアドバイザーが負担します。
3)修了証
   受講生には,級毎に全ての章が合格したら,本部から修了証が交付されます。(無料)

 
●学習在籍期間
学習在籍期間は、本部が申し込みを確認した月から2年と一ヶ月間とします。
  期間を過ぎると、受講生本人に通知せず、自動的に退学・除籍になります。なお、受講生本人の申し出で、1年間の延期を認めます。
この場合、期限内にアドバイザーの承諾を得て、本人から本部に届けて下さい。